予防から医療・救急まで地域に信頼される病院を目指して、日田中央病院

日田中央病院TOP > 病院機能評価認定病院

日田中央病院-病院機能評価認定病院


病院機能評価は、医療機関が質の高い医療サービスを提供するための支援をすることを目的に、公益財団法人日本医療機能評価機構が行う第三者評価です。当院は、2014年10月に2回目の審査を受け、2015年2月に認定病院として更新されました。 これからも日田中央病院は、医療の質と安全の客観的な評価の向上に努め、病院理念に基づき地域の皆様の身近にあって、信頼される地域医療・心のふれあいを大切にした医療を提供し続けてまいります。

日本医療機能評価機構-認定証

日本医療機能評価機構とは

医療を安心して享受できることは、医療を受ける立場からは無論のこと、医療を提供する立場からも等しく望まれているところです。
国民の医療に対する信頼を揺るぎないものとし、その質の一層の向上を図るために、病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関として、財団法人日本医療機能評価機構は設立されました。

病院機能評価

病院機能評価とは、第三者の機関(財団法人 日本医療機能評価機構)より認定されるもので、審査を受け、一定の水準に達していると評価された証です。
有効期間は5年間となっているため、認定を継続させるためには、5年おきに審査を受けることが必要となり、おのずと質を維持することが求められます。

病院機能評価とは、第三者機関としての同機構が受審申込みのあった病院に対し、中立的・客観的な立場で評価基準に基づき評価・認定を行うものです。

病院機能評価とは財団法人日本医療機能評価機構が、医療の質の一層の向上を図るために、第三者の客観的かつ学術的な視点から、病院の機能、安全管理体制、療養環境などを評価する制度です。